トップページ > Ambitious > 「出る杭は伸ばす」北海道大学“縁”の哲学

「出る杭は伸ばす」北海道大学“縁”の哲学

そもそも縁とは

縁は今できて18年目のよさこいサークルです。基本的に6月まではYOSAKOIソーラン祭りに向け活動し、それ以降は全国各地のお祭りに参加したりしています。去年だと四国や関西なんかも行ったり。お金が無いのでヒッチハイクや歩いての移動も多かったりします笑

ハードですね笑 よさこいチームの中にはスポンサーを付けるチームも少なくないと思うのですが、縁はスポンサーは?

付けてないです。スポンサーを付けることで金銭面の余裕は出るかもしれないですけど、スポンサーの意向に左右されたくないんです。自分たちでお金を出して、好きなところで好きなことをしたい。最近ではネットで見つけた祭りに飛び入り参加とかもしていて。アポなし参加とかも。

アポなしってすごいですね、怒られたりしないんですか?

たまに怒られたりもしますね。最初は周りの目は不信感丸出しなんですけど、いざ踊ると態度を変えて歓迎してくれたりします。そこでできたつながりで、「また来年も来てよ」とか、新しい縁ができたりもして。

“縁”独自の空気感

北大に他にもよさこいサークルありますよね?それぞれ違いとかってあるんですか?

縁は単純に元気がいいです。元気迫力が何より取り柄。「周りを巻き込み、ゴキゲンな流れをつくる」というコンセプトに惹かれたメンバーが入ってきてるからですかね。現在120人程度で活動しています。今年も新入生が73人も入ってくれました。

すごい新歓力ですね。縁の新歓って独特ですよね、しょっぱなからハイテンションというか。

よさこいだけでなく、まずはその空間を楽しんでほしいという思いからやってます。あだ名つけたりも新歓からしていますね。

僕も一年の頃、一度だけ新歓行きました。行った新歓で「ダンロップ」って謎のあだ名つけられました笑 あれはなんだったのか…あのハイテンションは作っているものなのですか?それとも自然体?

自然に出てるものですね。初めのうちこそ内気なメンバーとかもいますけど。あのエネルギーこそが私たち縁の取り柄なので。

トレードマークの”赤ふん”

赤いふんどしも特徴的ですよね

あの赤ふんって、元々は恵迪寮発祥のものなんです。それを、北海道大学の色として取り入れて、いわゆるバンカラなイメージをアピールしています。私たちは「北海道大学」という名前を借りている自覚と共に、北海道大学を大事にしているので。

なるほど、確かに恵迪寮も赤ふんのイメージが。あれってサークルで共有しているんですか?それとも一人一枚持っているのですか?

いや、共有はしないです。さすがに嫌です笑

あれって、チン○ぽろりしないのですか?いつも心配しながら見ているのですが。

チン〇ぽろりは決してあってはならないので、かなり厳しくしています。講習会も開いたりとか。

講習会があるんですね笑

チン○出したら終わりなので、かなり厳しい雰囲気でやりますね。「早くしろ~」って怒ったり。

aea03d_2230267512704e78bcd894bf46136ce7

About ヤマモト ヒロキ

ヤマモト ヒロキ
JagaJaga編集長。寒いのが苦手。