トップページ > サークル・団体 > 就活見聞録1 ― 「知らない会社ってこんなにあるの?」

就活見聞録1 ― 「知らない会社ってこんなにあるの?」

就職先に出会った「きっかけ」とは?

――理系の学部就職もありだと思います。就職先はベンチャーということですが、初めから大企業ではなくベンチャーを見ていたんですか?
元々は大企業を見ていましたね。高校の頃から食品に興味があったので、食品系のメーカーに就職しようかと漠然と考えていました。

 

――なるほど、考えが変わったきっかけはなんだったんですか?
ベンチャーに興味を持ったというより、色んな会社を見てみようと思ったことがありまして。2年の冬頃から、人材派遣会社でのアルバイトを始めました。そこで沢山の会社の募集要項を見る機会があったんですが、「こんなに知らない会社がたくさんあるんだ!」とびっくりしたんですね。全然知らないままじゃ就職先も選べないなと思い、色んな会社を調べてみることにしました。

「あ!そこ俺も悩んだ!」と、つい返答にも熱が入ります。

――合同説明会に出て同じ感想持ったことあります。当たり前のことなんですけど、知らない会社たくさんあるんだなあと笑
それもあって、三年生の夏には業界絞らずサマーインターンに行ってました。不動産関係、卸売業者、人材派遣、流通…、これまで知らない会社を知りたかったのでBtoB系の会社が多かったですね。

 

――僕もサマーインターンから就活意識し始めたので、タイミング分かります。サマーインターンで志望固まってきましたか?
年明けまでバイトに熱中してたので、本格始動したのは年明けからですね。夏で視野は広がっても、軸がぶれてしまって迷走しました。

 

 

――就活の軸ってよく聞かれますけど、答えられるまではっきりさせるのって難しいですよね。
難しかったです。最初は軸がなさすぎて、お給料がもらえればどこでもいいみたいになってしまって笑。結果、Goodfindのキャリアアドバイザーの方に相談したり、今の内定先の会社の人事の人と壁打ちしてる間に固まってきましたね。あとは面接は基本的に社会人と話せる機会だと思って、「どうして今の会社に入ろうと思ったんですか?」という質問を毎回必ずしてました

 

――社会人の人と話すと見えてくるものもありますね。内定先との接点はなんだったんでしょうか?
Goodfindに紹介してもらいました。Goodfind Seeds Challengeという、色々な企業の人事の方や現場で活躍する社員の方が審査員をするビジコンに参加したら、札幌予選の審査員として内定先の会社が来ていたんです。面接後のフィードバックをしてくれたり、会社とのやり取りを仲介してくれたので助かりました。

 

――なるほど、紹介してもらえるのは助かりますね。他のサービスよりもGoodfindの方がいいですか?
もちろんです!…と言いたいところなんですが、正直1つのサービスに頼り切るのはおすすめできないです。どのサービスでも言えることですが、どの会社を紹介するかはサービスごとに独自の基準で選んでいるので。複数のサービスを使って、色々な立場の人から話を聞いて、客観的な会社選びの参考にするのがベストだと思います。

 

――自社サービスをゴリ押しされるかと思ってたので意外な反応です。となるとサービスを使うメリットって何になるんでしょうか?
視野と知識が広がることですね。サービスに限らずイベント利用にも通じる話ですが、そもそも社会人と学生だと就活の知識が全然違うと感じます。視野も違えば経験も違うし。どんな会社選びをする上でも情報が多いに越したことはないので、ベンチャー志望かどうか関わらず情報収集とスキルアップに利用してもらえればと思っています。
12月中も何回かセミナーを開催しますし、来年1月にはGoodfind Seeds Challenge(※)という大きめのイベントもあるので、興味がある方はぜひチェックしていただきたいです。

 

Goodfindのイベントの様子。気張らず参加できそうな雰囲気あります

 

――なるほど、ありがとうございました。

 

 

就活終えた方へのインタビュー第1弾。会社のこと調べたりイベントに出たりと労力は少し必要かもしれないですが、判断材料になる情報は持っているに越したことはないですね。インタビューした建前を抜きにしても個人的に就活を終えて感じたことの1つです。札幌で社会人に気軽に相談できる場は少ないですし、相談もしやすい学生が運営に関わる就活サービスはオススメです。Goodfindのイベントに興味を持たれた方は下記リンクからぜひ。
20卒の皆さんにも納得の行く最適解が選べますよう。

https://www.goodfind.jp/2020/

 

 

(※)Goodfind Seeds Challengeとは?

イベントページはコチラから!

地方学生の就職活動の機会最大化を目的としてGoodFindが運営する「Goodfind Japan Seeds Project」の一環で、半日をかけてビジネスプランを提案するというイベントです。
札幌・仙台・京都・名古屋・福岡での地方予選と東京での本選があり、各地方から5~10人が東京での本選に出場できます。本選参加の際の交通費はGoodfindが一部負担し、本選で優勝するとさらに賞金20万円が贈呈されるという一大イベントとなっています。
予選本選共に、成長企業の事業部長など、現場で活躍する社員がメンターとして参戦し、ビジネスプランに対して直接フィードバックをもらうことができます。イベント後の懇親会では就活に関する疑問や相談を直接聞ける機会もあります。
賞金にとどまらず、ハイレベルな全国の就活生や難関企業とのネットワーク形成につながる貴重な機会です。次回は2019年1月19日(土)に札幌予選が開催予定です!

【昨年度参加者の声】
・本選では全国から集まった優秀な学生と知り合うことができ、自分の力試しをすることができた。(北大・男子)
・それまで就活もそんなにやっておらず、ビジネスプランを考えるのも初めてだったが、思い切って地方予選に参加してみたら優勝できたので自信がついた。(北大・女子)
・単独企業のインターンではないので、企業評価に寄せずに純粋に良いプランをつくることに集中できる。結果として、自分の実力をそのまま出せるのが良かった。(東北大・男子)
・自分自身の思考能力やスキルを企業の方にも客観的に評価してもらえるので、自分の強み・弱みなどを納得して知れると感じた。(東北大・男子)

【過去参加者の内定先企業(一部)】
ゴールドマン・サックス証券、リクルート、電通、DeNA、アクセンチュア、etc…

About 桶

桶
水は苦手です。 プログラミングと料理が好き。