トップページ > Ambitious > 【きっかけは牛】18歳~のハローワークvol. 1【ファイターズ職員青木さん】

【きっかけは牛】18歳~のハローワークvol. 1【ファイターズ職員青木さん】

みなさんこんにちは。進路やら就活やらに悩める北大生です。

やはりそんな人って多いと思うんですが、いくら考えてもわからないときって、
とにかく軽くカルチャーショックくらい、受けたくないですか?
今までに自分の中に無かった考え方とか発想が生まれたりして、私は良いと思うんです。

こんな仕事もあるんだとか、こんな人もいるんだとか、そうみなさんにも思っていただければ、私としても一石二鳥なわけです。いろんな人にインタビューシリーズ【18歳~(から)のハローワーク】始まります。

 

というわけで今回は、その第一弾。

 

突然ですが、スポーツってなんかいいですよねぇ。特にプロ選手の活躍や言葉には分野を超えて元気をもらえるし、勇気が湧いてくる気もします。

そう、まさにスポーツの力

もちろん私たちが直接プロ選手に会おうとすれば、怒られちゃいますよね。「大谷、今日空いてる?お茶しない?」なんてありえない。

そこには私たちに発信してくれている方々がいるわけですが、皆さんは注目したことありましたか?今回はそのお一人にインタビューしてきました。

北海道日本ハムファイターズ通訳兼広報 青木走野(そうや)さん

ここで青木さんのプロフィールをざっくりとご紹介。

プロフィール:

  • 神奈川県生まれ
  • 県内の高校へ進学(野球の特待生)→中退
  • オーストラリアの高校へ(野球のため)→卒業(19歳)
  • メジャーリーグを目指してアメリカへ(20歳)→帰国(22歳)
  • 四国独立リーグ「高知ファイティングドッグス」入団→現役引退、球団職員として働く(23歳)→牛を飼う
  • その後は、北海道日本ハムファイターズ通訳兼広報

 

オーストラリアに行ってアメリカに行って高知に行って…忙しいですね。

ってんん?牛を飼う?皆さん覚えておきましょう。今回ご紹介したいのは、弱冠三十歳、そんな濃い人生を送ってこられた青木さんに教わった、「平凡な日常には可能性があふれている」という視点です。ではどうぞ。

 

7月某日

やって来ました!札幌ドーム!!快晴!!により反射がすごい!!!(緊張しすぎてテンションは一回ぶち上げておきました。)

 

札幌ドームの一室に通していただきました。

About 富永 史奈

富永 史奈
がんばってるつもりなんですが、声量と覇気が足りないといわれます。本当に世知辛い世の中だと思います。