トップページ > Ambitious > 「出る杭は伸ばす」北海道大学“縁”の哲学

「出る杭は伸ばす」北海道大学“縁”の哲学

なぜ縁に?

リアスさんは何で縁に入ったのですか?

そもそも高校は野球部で、よさこいは深く知りませんでした。高校野球部であったみたいなバカなノリ&熱い雰囲気が大好きで、大学でのサークル選びではそこが大前提でしたね。縁の新歓に行ったときに、バカな時と真剣な時のギャップに惹かれました。

で、バカで熱い縁に惹かれて入ったと。

実際入ってみると、バカで熱いだけじゃなく、色々な奴がいました。高校の時不登校だったり、イケイケだったり、陰キャラだったり笑 それらすべての個性を認め合って受け入れる、そしてどんな人とでも縁をつくり、毎年繋がっていける。そんな縁が好きで今も続けています。

そして、今年代表に。

そうですね。1.2年生の時に経験したことを伝えたい、団体のトップで引っ張りたいという思いがあり、代表になりました。よさこい本来の良さであったり、大学生でしかできないバカらしいこと・熱いことの大切さであったり。私はその両方が好きで入ったので、その両方の良さに気付かせていきたい。

さらに言うと、学生に対する社会のイメージを変えていきたいと思っています。「学生は礼儀がなっていない」とか「今の学生は内気だ」とか。少なくとも縁と関わった人にはそのイメージを抱かせたくない。既存のイメージを壊し、「こんな学生もいるんだ」ということをアピールしていきたい。

11403455_412481292278844_4237098053154788683_n

 

縁がライバル視する〇〇

縁の立っている土俵として「よさこい」と「おバカ」の両面があると思うのですが、それぞれライバルは?

よさこいに関して言うと、ライバルは全チームですね。ただ、他のよさこいの団体とはスタイルというか色が違うので、ライバルというよりも同じソーラン祭りを盛り上げる仲間、という印象です。あまりライバルだとは思っていません。

おバカな方では?

恵迪寮ですね笑 恵迪は私たちよりもさらに上を行っています。

恵迪おそるべし。

恵迪寮公式サイト

それでも貫くゴキゲンな流れ

北大内では、アンチ縁といいますか、縁をあまり良く思っていないような声も聞くことがあります。それについてどう思いますか?

縁の良くない所として、たまにメンバーの一部が、度が過ぎた行為をすることが挙げられると思っています。そういった一面のみを捉えられるとバッシングを受けるような形になる。嫌ではないのですが、一度きちんと関わりを持って、縁のことをもっと知ってほしいという気持ちはあります。あくまで「ゴキゲンな流れをつくる」ためにやっているのだけれど、他の団体個人からしたらバカなことをしている所だけが最終的に見られることになる。そこは悩みどころです。

ただ、バッシングの中には他人から聞いたことをそのまま言っている人も多いのではないかと思います。それに、批判にせよ何か言われるのは注目された結果で。大学生のうちしかできないことをやる、僕達はそこを楽しいと思ってやっている。そこは互いに認め合えればいいのかなとは思います。なんにせよ一度きちんと話してみたいですね。

About ヤマモト ヒロキ

ヤマモト ヒロキ
JagaJaga編集長。寒いのが苦手。