トップページ > サークル・団体 > 大学生が人と違う道を歩むことを応援するプロジェクト 2017

大学生が人と違う道を歩むことを応援するプロジェクト 2017

皆さん初めまして、こんにちは!

当企画の広報担当で北大1年の竹内智香と申します。

後期が始まり、急に空気も冷えて冬の気配を感じる季節になりましたね!

 

ところで、

「心を新たに、後期はさらに頑張るぞ!」と思う傍、
大学生活、どのように過ごすか?
卒業後の進路や就活、どうするか?
どうやって目標を達成すればいいのか?

と悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

こんな悩みをもつ学生に向けて、10月14日(土)に
「大学生が人と違った道を進むことを応援するプロジェクト 2017」を北海道大学で開催します!

北海道大学の関係者や本企画を主催するDoctors off Track (DoT)に関わる若手社会人が札幌に集結し、講演会やワークショップを通じて、学生が自分の進路を考えるためのヒント考え方を提供します。

実は、(というかもちろん!)広報をしている私も、同じように悩む一学生です。

大学生活の過ごし方、留学や就職について考えるも、
周りと比べて落ち込んだり、目標がコロコロ変わったり、見失ったりして日々悩んでいます…

 

でも、そんな私だからこそ、このイベント運営に関わり、気づいたことがあります!

それは、このイベントを主催するDot運営メンバーも講演会で登壇する方々も、
同じように大学時代、将来について悩み葛藤している/いたことです。

しかし同時に、明確な目的を見つけ、目標へと突き進むために、人と違った道を選択したことも確かです。

 

それでは、

登壇者はどのようなマインドセットで活動していたのか。

人と違った道を選ぶことで、何が変わったのか。

具体的に、自分の目標を達成するにはどうすれば良いか。

 

講演会・パネルディスカッション・ワークショップで構成されるこのアクティブなイベントから、

社会で活躍される人生の少し先輩が経験した葛藤失敗談から学んだり、
在学中・卒業後の目標を見つけて有意義な生活を送るヒントを得たり、
分の進みたい道がユニークでもそれに共感し、応援し合える新たな仲間を作りませんか?

 

このイベントから得られるものは無限大です!!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


Doctors off Trackについて:
Doctors off Trackは2016年5月に設立された、「人と違う道に進むこと (Unique Path) の応援」「地域貢献」を理念に掲げた任意団体です。運営メンバーは医療・IT分野で働く25−26歳の若手社会人であり、それぞれ人と違う道に進んだという経験を持っています。昨年9月に佐賀大学で開催した第一回講演会では、医学部におけるギャップ・イヤー、留学、休学をテーマとして取り上げました。本年度の企画においても、運営メンバー・登壇者は20代後半の学生・社会人にて構成されています。20歳前後の大学生にとって親身なメンターとして、参加者と共に悩み、一緒に考える姿勢を大切にしていきます。

設立エピソード:
皆と違い病院外の社会に一歩踏み出した二人の医学部卒業1年生が、偶然出会う。梅雨明けの立ち飲みテラスでコーヒーを頼み話したのは「僕らの歩む道の異端さと、そんな僕らの夢」。こんなに胸熱く込み上げる話をできる人が集まればなんと楽しいだろう。と、意気投合した二人は「違う道を歩む仲間をつなげ、ともに歩むために」Doctors off Track.の立ち上げを決意する。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「大学生が人と違った道を進むことを応援するプロジェクト 2017」

概要

– 日時:2017年10月14日(土) 12:15∼17:00
– 会場:北海道大学国際連携機構(北区北15条西8丁目)
– 参加者:北海道大学・札幌市内の大学生(高校生、大学院生、若手社会人も参加可!)
– 内容:講演、パネルディスカッション、ワークショップ、交流会– 会費:無料
– 申込方法:リンク (申込締切 10/13)
– 主催:Doctors off Track (DoT)

タイムスケジュール

● 12:00-   開場受付開始

● 12:15-12:30 開会挨拶・主旨説明
                           高松優光(DoT)

● 12:30-13:40 講演/パネルディスカション “私はこうやって、人と違う道に進んだ”
【登壇者】
平川貴規(手稲渓仁会病院 臨床研修医/ 医学部卒業後、出版社勤務・社会起業を経験)
坂口純也 (北海道大学 4年生)
金井直樹 (北海道大学 3年生/ICU、早稲田を経て3回目の大学生リビルディングラボ代表)
【モデレーター】
山田智久 准教授(北海道大学 国際連携機構 国際教育研究センター 准教授)

<講演会>
在学中や卒業後に人と異なる道を進んだ20代の3人に登壇していただき、
それぞれの進路について、活動内容だけでなく、葛藤や失敗、そこに至った理由についてお話しいただきます!
<パネルディスカッション>
北海道大学国際教育研究センター准教授の山田智久先生を迎え、進路選びや人と違う道を選ぶことについて、登壇者及び会場の皆様と共に議論を深めます。

● 13:40-14:55  集合写真・休憩

● 14:55-16:10  ワークショップ  “やりたいことを実現させるためのヒント”
【ファシリテーター】
河 獠 (プロコーチ/大手IT企業経営企画)

<ワークショップ>
進路に悩む大学2−3年生を対象に(もちろんそれ以外の学生も歓迎!)、学生が自分の進路を考えるためのヒントや目標達成のための具体的なプロセスについて実践型ワークショップを通して学びます。

● 16:10-16:20 閉会挨拶

● 16:20-17:00 交流会

 

このイベントは、自分のやりたいことと進学・就職活動の狭間で悩む大学2−3年生を対象としていますが、大学生1年や4年のみならず、高校生・若手社会人の方も参加可能です!

リンクから申し込みください!!

 

当日、お会いできることを楽しみにしております!

About TOMOKATAKEUCHI

TOMOKATAKEUCHI
料理と食べることが好き、寒さは少し苦手、コントラバス弾き。