トップページ > 北大LIFE > 幸先詣に行ってきた!

幸先詣に行ってきた!

こんにちは!すずきです。

今日も今日とてTwitterを眺めていたら、「大晦日の終夜 鉄道の運転の中止」を小池都知事が要請、との記事が目に飛び込んできまして。

大晦日→新年→初詣…といえば、今年は幸先詣が勧められているんだっけ???



せっかく自分も幸先詣(さいさきもうで)に行ったのだから、記事にすればよかったじゃん!?!?!?



ということで、行ってから久しく時間が経ってしまった上、今年も残すとこわずかとなってしまいましたが、本記事にお付き合いいただければ幸いです~。


のまえに…
そもそも幸先詣とは????

新年の初詣を前年の年末に前倒しして行うこと
です。


初詣における回避のための一策としてニュースでも取り上げられていたので、知っている方もいらっしゃるかもしれませんね~。




早速ですが、今回我々が向かったのは…

北海道神宮      

です!(地下鉄 円山公園駅から徒歩15分)


道外出身の私は恥ずかしながら知らなかったのですが、北海道の総鎮守として崇敬されている、開拓を見守ってきた道内最大の神社だそうです。初詣ではここを訪れるのが定番だとか。


☝厳かな出で立ち。



無事参拝も済ませ

☝隠したつもりが、もはや何の写真かわからない。(お許しください)


おみくじも引いてきました。
(物珍しさで、こどもみくじを引きました。通常のみくじもありましたのでご安心を!)
☝目を凝らしていただければ、真ん中に大吉の文字がみえるはず…。

やった、大吉!!

これを読んでいるみなさんにもが回ってきますように~✌






おまけに…
北海道神宮の敷地内にはなんと、あの北海道銘菓店“六花亭”がありました。





☝ここでしか食べられない、「判官さま」。餅の中に粒あんが詰まっています。目の前のプレートで焼かれた、熱々の判官さま…。美味ぃ~!!





☝外で食べていたら、カラスも羨ましそうに寄ってきました。




2020年はイレギュラーなこと尽くしで、北大への進学が決まったあの日に思い描いていた学生生活とはかけ離れていたものでした。

が、その中でも色々な出会いがあり、何だかんだあっという間だったなと一年間をかみしめる思いで境内を後にしました。
 


☝いろいろな種類のおみくじがありました。

みなさんそれぞれ楽しいことも辛いこともあったでしょうが、一年間たいへんお疲れ様でした。

来年もみなさまにたくさんの幸が訪れますように。



最後になりましたが、北海道神宮へ行ったことのない方はもちろん、毎年参拝されている方も、今年はぜひ三が日からずらして行ってみてください。

人が少ないと自然豊かな北海道神宮十分に堪能できること、間違いなしです。



少し気が早いですが、2021年もどうぞJagaJagaよろしくお願いいたします。


About すずき

新人です。