トップページ > Ambitious > 【留年浪人】27歳北大3年生【波乱万丈】

【留年浪人】27歳北大3年生【波乱万丈】

 

再起し、10年弱の苦悩を還元しようと団体設立

また大学を辞めて医学部を再受験しようとか考えたりもしましたが、これまでと違って元気もなく。
そんな中、実家に帰省して両親の顔を見るとこんなに迷惑をかけてかわいそうだと感じまして。
何としても今の学部を卒業しようと決意しました。

――とうとう火がついたわけですね。

授業も、独学して先生に分からない所はガンガン聞いていくスタイルに変えました。
すると分からない部分を聞いて成長できるのはこんなに楽しいのか、と26年間生きてきて初めて思った訳です(笑)

――単位もしっかり取れるようになってきた訳でしょうか?

前期もフル単で、いいサイクルに入って心にも余裕が出来てきたので、何か新しいことがしたいと考えるようになりました。
じゃあ他の人にはなくて自分にあるものはなにかな、と考えたときに「あ、この27年間の人生があるじゃないか」って気づいて。
自分は家に余裕があったのでこんな紆余曲折を経た生活が出来ましたが、この経験は自分にしか伝えられないなと。

――そこからどんな活動を始めたんでしょうか?

サークル内で人生設計ワークショップを開催して、将来や現在の悩みを話し合う場を設けました。
想像以上に皆真剣に話し合ってくれて、こうした場はもっと必要なんじゃないかと実感しました。
特に、自分の実感として留年生に必要とされている気がして。

――なるほど、そしてリビルディングラボを設立したわけですね。

1人暮らしだから周りに相談できる家族や地元の友達がおらず相談相手がいなかったり、冬の季節的なもので落ち込みやすい環境であったり北大周りで北大生の生活が完結しがちであったり、と留年した後にもダウンスパイラルで落ち込んでいくケースって、北大は特に起こりやすいと思うんです。

――確かに1人暮らしで閉じこもってしまうとなかなかいいスパイラルは難しそうに感じます。

自分も褒められるような留年生活は全く送ってないので、同じような立場で相談することが出来るかと思います。
留年の仕方は人によって様々ですが「ちょっと行きたくなくてなんとなくだるいから」とか「将来につながらない活動に不安を感じている」とかそういったぬるっとした留年生、留年予備軍に一番利用して欲しいです。

――ポジティブではない理由には留年には少なからず後ろめたさも感じやすいかと思いますし、同じ立場の人に相談出来る場はいいですね。

決してポジティブになろうぜ!と押し付ける気持ちはないです。
実際に留年を経験した人に相談するのと、カウンセラーに相談するのでは
少し話してみるだけで楽になることも多いと思いますし、気軽な気持ちで相談してほしいと思います。

 

 

パワフルな行動力には驚きましたが、他の留年生のように悩み、再起したじゃんぼさん。
「あ、私このままだと留年しちゃうかも…」
「留年したけど、居場所がない…」
「誰に相談すればいいんだろう…」
と悩んでる人は、是非、行くべきです。
今週26日水曜日、北大工学部にてリビルディングラボによる留年生対象のイベントが開催されます。

留年生に限らず、大学生活が面白くないと感じている人は大歓迎とのこと。
今の生活に少しでも「?」が浮かぶ方は参加されてはいかがでしょうか。

 


日時:4/26(水)18:15~
場所:北大工学部B32教室
参加方法:事前申し込みなし、現地集合
HP:リンク

About 桶

桶
水は苦手です。 プログラミングと料理が好き。